足痩せは足の状態で実践方法は違う

女性なら誰でも痩身を理想としているでしょうが、なかなかそれを実現させることは難しいものです。
そこでオススメをしたいのがキャビテーションであり、スラっとした美しい痩身を実現させることが出来るのです。 足の脂肪を指先でつまむことが出来てしまっている時には、脂肪が多い傾向にあるために足が太く見えてしまうのです。
また脂肪が蓄積されてしまい足が太く見えているのでしたら、膝の皿の部分がぱっと見でわかりにっくくなっている可能性があるのです。
冷え性体質、さらには塩分を好んで多く摂取してしまったり、血流が悪化したりすることで足にむくみを発生させてしまう原因となります。
足痩せの方法も異なってくるもので、女性の約70%は水太りの効果で足が太く見えていると言われているのです。

 

足の状態によって採るべき方法は足痩せをしたい場合には大きく異なっているのです。
まずは自分の状態を確認することが大切で、足痩せの最短方法がむくみの緩和か、それとも脂肪やセルライトの対策なのかなどを把握しましょう。



足痩せは足の状態で実践方法は違うブログ:04-7-17

減量をするときの鉄則と言えば…
「規則正しい食事」と「適度な体操」ではないでしょうか?

「規則正しい食事」というのは、イメージすることができますよね。
でも「適度な体操」の「適度」って、難しくないですか?

とりあえず、
普段、決まった体操をしたことがないという人が筋トレをする場合には、
いきなり大きな負荷をかけないようにしましょう。

早く減量効果を実感したいという気持ちはわかりますが、
怪我をして、長期間からだを動かすことができなくなってしまっては、
元も子もありませんので、
最初のうちは、からだに優しい体操をするようにしましょう。

スポーツジムなどにある体操器具を使う場合には、
「やや軽いのでは?」
というくらいの負荷から始めることをお勧めします。

とにかく、自分のからだに
体操をするという習慣をつけることのほうが先決です。
そこから慣れてくれば、徐々に回数を増やしていけば良いのです!

筋トレをするときの回数についてですが、
連続して20回程度反復体操をすることができるくらいの
負荷で行うということが目安になります。

まずは、体操することに慣れることが大切です。
そしてからだが慣れてきたら、徐々に負荷を上げていきましょう。

筋肉を少しつけたいという人は、
10回前後体操をして、
もう続けられないというくらいの負荷をかけると良いみたいです。

筋トレを行うときのポイントは、
自分の持っている力をすべて出し切ることにあります。

すると、筋肉の量が増し、
効率よく脂肪を燃焼させることができるので、
それだけ減量効果も期待できますよ!


このページの先頭へ戻る